当社は1970年の設立以来、「消費者に価値ある製品を提供すること」を経営理念の第一に掲げ、「安全・安心、高品質な製品をお客様にお届けする」という基本姿勢を一貫して守り続けています。私たちはこの基本姿勢の下、「リッツ」「オレオ」「チップスター」といったロングセラー製品を提供することに加えて、お客様の声、市場の声に常に耳を傾け、ニーズを先取りした革新的な製品開発を行い、全社をあげて、「新しい市場を開拓していく」という挑戦に取り組み続けています。
現在、消費者の食に対する安全意識や低価格志向が定着することで、食品業界では激しい販売競争が繰り広げられ、企業の本質的な価値が問われる厳しい状況が続いています。この市場環境の中で、当社が真に価値ある製品を提供し続け、更に発展していくためには、全社員の能力向上はもとより、新たな人材を獲得し、それによる刺激を活かすこと、つまり組織としてのパラダイムの転換が必要です。そのための戦力、そして将来のリーダーになり得るのが貴方です。
私たちは、これからのヤマザキ・ナビスコを担う人材に対し、次のような資質を持ち合わせていることを期待しています。

・日々の仕事を大切にしつつも、高い理想を掲げ、常に問題意識を持ち続けられる人
・問題に対する答えを自ら導き、実現させるために何度でも挑戦し続けられる人
・幾多の挫折にも屈せず、経験を積み上げ、自己の能力を研鑽し続けられる人

会社の基礎はそこで働いている「人」です。
上述した人(あるいは、将来そうなりたいと強く思う人)たちが集まり、成長することによって、ヤマザキ・ナビスコは新たな価値を創造し続け、ますます発展していけると私たちは考えています。
貴方はどのような目的を持って働いていきますか?会社の発展、社会への貢献、自己実現etc…。その働く目的を達成するためには、自ら道を切り拓いていく姿勢を持つことが重要です。
この先実施する選考会では、学生時代に取り組んだこと、それによって得たことや反省したこと、これから自分がしたいこと等を、ありのままの言葉で自由にアピールして下さい。貴方の「こうしたい、こうなりたい」という強い気持ちを私たちは聴きたいのです。
ヤマザキ・ナビスコと共にチャレンジしていこうという皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

 
採用の仕事を通じて、これまでに数多くの学生とお話をさせて頂きました。
瞳の奥に見える“希望”と“不安”。
そのまっすぐな眼差しに応えるべく、私たちも真剣に採用という仕事に臨んでいます。

よく耳にする言葉があります。
「若い人が活躍している企業なので・・・」
「若い人に責任のある仕事を任せている企業だと感じて・・・」

もちろん当社では、若い人たちが活躍しております。

しかし、年次が若いうちから「大きな仕事」、
「重大な責任を負う仕事」を任せられることは多くありません。
それが新入社員であるならば、なおさらです。

仕事には、下積み期間があります。
与えられた仕事を不満に思わないこと。日々のルーチン業務を蔑ろにしないこと。
目の前にある仕事をコツコツとやり遂げること。 これが経験を積むということです。
積み上げた“経験”と仕事に対する“真摯な態度”こそが、貴方に寄せられる“信頼”を築き上げます。

目の前にある仕事をコツコツとやり遂げることはとても大切です。
しかし、やり遂げただけで、満足しないで下さい。
日々の仕事の中に・・・所属部門の中に・・・そして、ひとつの企業としても、
改善すべき課題が必ずあります。
常に問題意識を持ち、その答えを自ら導いて下さい。
そして、答えを実現させるために、何度でも挑戦して下さい。
貴方が果敢に挑んだ挑戦は、いとも簡単に弾き返され、悔しい思いをするでしょう。
それでも、決して諦めずに問題意識を持ち続けて下さい。

幾多の挫折にも屈せず、自己の能力を研鑚し続けて下さい。
高めた“能力”と 積み上げた“経験”・・・そして、築き上げた“信頼” が糧となり、
貴方の挑戦が実を結びます。

『自ら導いた答えを実現させるプロセスこそが、新たな価値を生み出す』―
これがヤマザキ・ナビスコの考えです。